日本で働く「高度人材」を育成する
南富士ベトナムマイスタースクール

日本で長期雇用可能な大卒高度人材を育成しています。
ベトナム上位大学の学生を対象とした、学費無料の人財養成塾です。

□「人材不足時代」が到来した日本

国内では少子高齢化による人材不足が深刻化し、若くて勤勉な人材の確保が難しくなってきました。
「入社しても仕事に耐えきれず、すぐに辞めてしまう」
「そもそも学生が応募してこない」
…あらゆる業種で人材不足は経営の課題となっています。

そのような中、外国人の活用は局面打開の一つの手段として挙げられていますが、勤勉な外国人を活用しようにも、 外国人技能実習制度では法的に3年しか日本で働くことができず、仕事を覚える頃には帰国しなければなりません。

毎年80万人の労働者が減少していく日本と、優秀でも就労の場がない若者が多いベトナムで人手不足を解消できないだろうか…
そのような思いから、日本で長期に亘り働くことのできる人材を育成する「マイスタースクール」を開校しました。

□ ベトナムマイスタースクールの開校

ベトナムマイスタースクールは、日本で長期雇用可能な「高度人材」を育成すべく、南富士が現地の大学と提携し、その校内に開校した、 学費無料の新しい学校です。

現地の中堅~上位の四年制大学の学生を対象に、IQテスト・書類選考・面接を実施。 選び抜かれたマイスターに3ヶ月以上の教育を行なっています。
基礎教育を徹底し、学ぶ姿勢や社会人としてのマナー、日本語を教え長期に亘り日本の会社で活躍できる人材を育成します。

「人材不足の日本」と「就労機会の少ないベトナム」…
両国の問題を解決し、共に成長していくことを目指します。